鎌倉の長谷寺の紅葉ライトアップ

長谷寺の紅葉ライトアップ

撮影場所:長谷寺(長谷観音)
撮影日:2008/11/29
アクセス:江ノ電「長谷」駅より徒歩5分
地図:海光山長谷寺ホームページ

京都などでは、すっかり定番となっている晩秋の紅葉の季節のライトアップイベントですが、鎌倉で行われているのは、私の知る限り長谷寺のみ。
私の思い込みだといけないと思って、鎌倉市役所にも問い合わせてみたのですが、やはりライトアップを行っているのは、2013年現在、長谷寺のみだそうです。

鎌倉は禅寺が多いからでしょうか。大きなお寺で、観光イベント的なものに積極的な寺院は少ないように思います。

そんな中で、長谷寺さんは、いろいろなイベントを境内で催したりと、鎌倉で観光イベントにも協力的な、貴重なお寺さん。
数年前(2008年)には、「鎌倉芸術祭」の一環として、お堂全体にアルミ箔を張り、夜のライトアップに銀色のお堂が浮かび上がる「銀燦堂(ぎんさんどう)」なんていう、奇抜な催しもありました。

こういったことには、賛否両論あるとは思いますが、観光立市を掲げている以上、観光客によろこんでもらうために、いろいろな取り組みをするというのは必要なことではないかと思います。

さて、長谷寺でライトアップが行われるのは、例年、11月下旬から12月上旬にかけての2週間くらい。
ライトアップは日没とともに開始されます。
早めに到着して時間が余ってしまっても、長谷エリアは長谷寺や大仏様の門前町で、カフェやお土産物やさんも一杯ありますので、楽しく時間をつぶすことができます。

ちなみに、鎌倉の長谷寺のご本尊の十一面観音像は、源氏物語の「初瀬詣」にも登場する、奈良の長谷観音と兄弟であるという伝説があるのは、ご存じでしたか?
奈良時代の昔、徳道上人(とくどうしょうにん)という方が、一本の霊木から2体の観音像を彫り、一体を初瀬にまつり、もう一体を海に流し、流れ着いた先でまつられたのが、鎌倉の長谷観音であるとの言い伝えがあります。
まばゆいばかりに金色に輝く、ご本尊・長谷観音もわすれずにおまいりください。

鎌倉の紅葉は、京都などに比べると、小さな規模のお寺が多いこともあって、派手やかさという点では劣りますが、その分、しっとりとした落ち着いた風情が楽しめるような気がします。

◇おすすめ記事
はじめての鎌倉 おすすめ観光名所ベスト5(AllAbout記事)