明月院の紫陽花

紫陽花の妖精 明月院にて

撮影場所:明月院
撮影日:2004/6/12
アクセス:JR「北鎌倉」駅より徒歩10分
地図:鎌倉紀行 天園コース 明月院(紫陽花寺)

鎌倉で「紫陽花(あじさい)といえば明月院」というほど、その名の知れた「鎌倉の紫陽花寺」。
6月中旬から下旬にかけての紫陽花シーズンは、一年中で最も鎌倉が混雑する時期ですが、特に北鎌倉の駅から明月院のある明月谷までは、さほど広くもない道が、観光客でいっぱいになります。

しかし、問題なのは、北鎌倉駅のキャパシティー。
おなじ鎌倉市内の鎌倉駅はなかなか立派な駅で、トイレも何ヶ所かあり、観光案内所や駅弁の売店なども充実しているのですが、北鎌倉駅は、元は臨時停車場だった本当に簡素な駅。
しかも、北鎌倉駅周辺の道は、せまいところが多く、周辺の飲食店も、それほど充実してるとはいえず。。。
こんなところに大勢の人がつめかけて大丈夫なのかと、そこらへんも心配になったりします。

そういうこともあるので、鎌倉の世界遺産登録というのは、よく考えた方が良いのです。
現状でも、すでにキャパ超えてるんじゃないかと。

話が、若干それました。
写真は、6月の明月院境内。見ていただくと分かると思いますが、明月院の紫陽花は、花もやや小ぶりな淡いブルーの花一色。
これは、日本古来の「ヒメアジサイ」という品種だそうで、意図的に他の品種は植えないのだそうです。

大ぶりな西洋アジサイを見慣れているので、やや控えめだな、という印象はありますが、"清楚なお嬢様"といった感じのこの花も、なかなか良いではありませんか。
写真を撮影していると、向こうから紫陽花の柄のワンピースを着た小さな女の子が歩いてきました。まさに、紫陽花の妖精!

ただの明月院の紫陽花の写真が、これで、一気にとても面白い写真になりましたね。
写真撮影の面白さというのは、こういうところにもあります。

明月院では、紫陽花の時期限定で、普段は非公開の本堂裏手の庭園も公開しているので、立ち寄ってみると良いと思います。
けっこう広いお庭で、花菖蒲がたくさん咲いていて、なかなかのものです。

◇おすすめ記事
アジサイシーズンの鎌倉へ!アジサイの名所3選と穴場(AllAbout記事)