秋の微笑み 大船観音

秋の微笑み 大船観音

撮影場所:高野台 六国見山登山口(鎌倉)
撮影日:2009/11/8
アクセス:(高野台登山口)「大船」駅東口より徒歩35分
地図:大船駅からの地図(「鎌倉紀行」提供)

大船のシンボル、大船観音寺の白衣(びゃくえ)の観音様。
大船駅のプラットホームからも、その優しげな姿を見ることができます。

「大船」も、鎌倉市なのですが、このことは意外と知らない人が多いですね(特に県外の人は)。
大船は、「大船市」でしょ? とか、
横浜市じゃなかったっけ? というような声をよくききます。

ちなみに、JRの大船駅のプラットホームは、半分が鎌倉市、半分が横浜市の敷地にあります。

ついでに、「大船」の地名の由来についても書いておきましょう。
大船駅東口から北鎌倉のほうへ歩いて行く途中に、常楽寺というお寺があります。
常楽寺は、建長寺の開山・蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が住持を務めたこともある名刹。
この常楽寺の背後の山は、「粟船(あわふね)山」といい、「あわふね」がなまって、「おおふな」になったのだそうです。

写真は、六国見山の高野台登山口から撮影したもの。
次第に深まり行く秋の景色の中で、優しく微笑む観音様の表情が印象的でした。