大原 宝泉院

京都 祇園 白川の流れと桜

撮影場所:祇園(京都)
撮影日:2010/4/2
アクセス:(辰巳大明神)阪急電車「河原町」駅より徒歩15分、京阪電車「祇園四条」駅より徒歩10分
地図:KYOTOdesign

古都のしっとりとした風情を求めて京都を訪れた人は、まず、イメージと現実のギャップに驚くことになるでしょう。
いくら千年の都といっても、そこは人の住む街。
日々、街は変貌をとげ、鉄筋コンクリートのビルと交通渋滞にあふれ、京都らしい風情などというものは、とっくの昔に失われてしまったのでは、というのが現実の京都です。

そんな中で、イメージどおりの京都の風情がわずかに残っているのが、白川南通、新橋通、花見小路通のあたり。
八坂神社や知恩院のある東大路通から、新橋通を西に入り、花見小路通を渡ったあたりから、紅がら格子の家並みがよく保存されていて、ときおり舞妓さんの姿を見ることも。
白川の流れに沿って桜や柳が植えられ、特に芸事に御利益があるという辰巳大明神や、白川に架かる巽橋(たつみばし)のあたりは、本当に昔ながらの京都といった感じがします。

写真は、白川南通と大和大路通の交差する、大和橋からの撮影。
日が暮れ始め、川沿いのお茶やさんや宿屋さんに灯がともりはじめる時刻。
花街・祇園は、やはり夜が似合うというもの。
満開の桜が、夜風に花を散らしはじめていました。

祇園で1ヶ所、おすすめの場所をご紹介しておきます。
ギオンコーナー」という施設、ご存じでしょうか。
本来は、外国人向けに日本の伝統文化を紹介する施設で、狂言や京舞など7つの伝統芸能を鑑賞することができます。
私が行ってみたときも、外国人のお客さんが多かったですが、舞妓さんの踊りなど、あまり生で見る機会も少ないと思いますので、日本人にもおすすめですよ。

◇関連するおすすめ記事
 お花見は京都で! 京都のオススメ桜スポット ベスト10