奈良、京都、鎌倉。日本の古都を散歩するコラムサイト

RSS

京都の夜桜の名所、高瀬川と高瀬舟

夜桜と高瀬舟

(写真:夜桜と高瀬舟)

「高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。」

森鴎外の『高瀬舟』の冒頭の一文が、高瀬舟とは何か、端的に表現しています。

高瀬川は、江戸時代初期に、京都の豪商・角倉 了以(すみのくら りょうい)によって開かれた、二条から伏見に至り、宇治川に合流する全長10キロ、川幅約7メートルの運河。

高瀬川の開削によって、京都は、宇治川・淀川を経て、日本の商業の中心地・大阪とつながり、様々な物資が運ばれました。

この運河は水深が浅く、大きな船は入ることが出来ません。

そこで使われたのが、小さく、船底が平らな高瀬舟。

当時、大阪から淀川・宇治川を遡ってきた船の積荷は、夜のうちに高瀬舟に積み替えられ、夜明けとともに、川沿いに造られた曳舟道から曳子(舟曳き人夫)が舟を綱で引きながら、ホーイッ、ホーイッという掛け声とともに、京都の街を遡ったのだそうです。

明治になって、琵琶湖疎水が開通するなどして次第に物流事情が変化し、運河としての高瀬川は、大正9年に役割を終えました。

現在、二条の一之舟入跡(日銀京都支店前)に、もやい舟があって、往時をしのぶかのように、伏見の酒の酒樽などが積まれています。

運河沿いには桜が植えられていて、とくに夜桜はきれいで、夜桜見物の穴場になっています。

↑ PAGE TOP