奈良、京都、鎌倉。日本の古都を散歩するコラムサイト

RSS

金閣寺は、ゴールデン・パビリオン?

金閣寺

(写真:金閣寺)

以前、外国人の友人と京都について話していたときに、その友人が、

"I went to the Golden Pavilion." (ゴールデン・パビリオンに行ってきたよ。)

と言ったんですね。

私は、

「うぬ? ゴールデン・パビリオンとは何だ??」

と思いましたが、どうやら金閣寺のことを、英語で「ゴールデン・パビリオン」というのだと分かりました。

パビリオンというと、万博や博覧会の展示場が思い浮びますよね。

英語でも、"pavilion"という単語に「寺院」などの意味はありませんから、外国の方には、金閣寺はお寺というよりも、むしろ、黄金色に輝く仏教の展示場のように見えるのかな、と思いました。

(なぜ、パビリオンと呼ばれるようになったのか、詳しい方いらっしゃったら教えてください)

ちなみに、銀閣寺は、"silver pavilion(シルバー・パビリオン)"。

銀閣寺を訪れる外国の方は、

「ぜんぜん、シルバーじゃないじゃん! 」

と思うかもしれないですね……(笑)

あと、お寺を英語で説明するときに、例えば「清水寺」であれば、

"Kiyomizu temple"

という場合もありますが、

"Kiyomizu-dera temple"

と言ったほうが、分かりやすいみたいですね。

厳密に考えると、寺を2回言っているわけですが。

京都を歩いていれば、外国人観光客の方に道を聞かれる機会もあるはず。

なるべく、分かりやすく説明してさしあげたいですね。

↑ PAGE TOP