京都のへそ

京都のへそ

撮影場所:六角堂(京都)
撮影日:2009/1/4
アクセス:地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩4分
地図:六角堂ホームページ

「六角堂」または「六角さん」の名前で知られる頂法寺(ちょうほうじ)は、聖徳太子が建立したお堂が発祥という、とても古い歴史を持つお寺。華道の「池坊(いけのぼう)」の本拠としても知られ、「池坊」というのは、もともとは頂法寺の僧妨(僧の住居)の名前でした。

このお寺の境内にあるのが、京都の「へそ石」といわれる六角形の石。かつてここが京都の中心地だったことや、形がへそに似ていることから「へそ石」と呼ばれるようになりました。
千年の都・京都のおへそ。これは、間違いなくパワースポットですね!

ちなみに、「京都のへそ」があるなら、他の国や都市にもへそはありそうですね。ちょっと調べてみました。

日本のへそ
まず、我が国、日本のへそはどこでしょう? 兵庫県西脇市が「日本のへそ」だそうです。
ずいぶん、西のほうだなと思いますが、沖縄も含めると、ここらへんが日本の中心のようですね。

東京のへそ
杉並区の大宮八幡宮。「京都のへそ」ほど有名ではないですけど。

横浜のへそ
まったく知られていませんが、保土ケ谷区に横浜の真ん中であることから「保土ケ谷へそ公園」と名付けた公園があるようです。正直いって、かなり微妙。

アメリカのへそ
「アメリカ」というより、「アメリカ合衆国」のへそ。カンザス州あたりのようですね。むしろ、ニューヨークのアッパーイーストに住んでる連中あたりは、「俺たち世界の中心に住んでるぜ!」と思っているような気がします。

ヨーロッパのへそ
これは、あちこちの都市が主張しているようで、様々なモニュメントなども造られている模様。
ほかに、ちょっと意味合いは違いますが、人の体のパーツつながりでいくと「新宿の目」なんていうのも有名ですね。