紅葉の季節の常寂光寺

紅葉の季節の常寂光寺

撮影場所:常寂光寺(京都)
撮影日:2010/11/21
アクセス:JR嵯峨嵐山駅より徒歩15分
京福(嵐電)嵐山駅より徒歩約20分
地図:常寂光寺ホームページ

冬を前にした一瞬の煌めきをみせる古寺や、京都盆地を囲む山々。

紅葉シーズンは、やっぱり京都へ行きたくなります。

京都市街から、京福電車(嵐電)に揺られ、終点の「嵐山」で下車。洛西の紅葉の名所として有名な常寂光寺へ足を運んでみます。

古くより、紅葉の名所として知られる小倉山の中腹にたつ常寂光寺。

藤原定家が『小倉百人一首』を編んだ地として知られ、仏教世界における静寂の「常寂光土」を思わせるところからこの名がついたといいます。

しかし、紅葉の季節の境内は、その名前やイメージとは真逆の様相。次から次へと訪れる人・人・人。

風雅を愛でるために訪れようとお考えの方は、あきらめたほうが良いと思います。

それでも、紅、黄、緑のモミジのグラデーションなどが、とても美しいのは間違いありません。

嵯峨野方面で、静かに紅葉狩りを楽しみたいなら、化野(あだしの)念仏寺あたりまで、足をのばせば、ずいぶん人が少なくなります。

◇関連するおすすめ記事

 もうすぐ紅葉シーズン到来! 京都のおすすめ紅葉の名所15選